Go Toキャンペーンの最新クーポン

シンガポール旅行【服装】など出発前に知っておくべき知識のまとめ【準備編】

シンガポール旅行 注意 ポイ捨て 罰金

https://minimaltrip.jp/SB/wp-content/uploads/2020/01/profile.jpg
Sayaka

シンガポール旅行に行こうと思ったときに、まずは知っておくべき基本情報や注意事項についてまとめました😊

シンガポール旅行に行こうと思ったら、気候や適した服装・ベストシーズン、使われている言葉など、知りたいことがたくさんありますよね!

旅行計画を立てる前にまずは知っておくべき基礎知識や注意事項について調べました。

シンガポール旅行の基礎知識

シンガポール旅行に行く前に知っておきたい基本情報のまとめです。

シンガポールの気候・適した服装

シンガポール旅行 服装

シンガポールは高温多湿、年間を通して日中は30℃を越えることがある常夏の国です。日本の夏のように蒸し暑いので、通気性のよい涼しい服装を用意しましょう。

スコールに見舞われることが多いので、換えの靴やサンダルも用意しておくと安心。

プール付きのホテルやビーチアクティビティも充実しているので、アクティブな方は水着を持って行くのもおすすめ❗️

楽天で夏物ファッションを探す

ビザは不要

日本国籍の場合、30日以内の観光目的の滞在であればビザは不要です。

パスポートはシンガポール入国時に6ヶ月以上の残存有効期間が必要なので旅行前に必ずチェック

シンガポール旅行【持ち物】必需品や便利グッズのチェックリスト【女性向け】

シンガポール旅行のベストシーズン

シンガポール航空 飛行機

シンガポール旅行のベストシーズンは4〜9月の乾季です。

シンガポールは1年を通して、25°Cから 32°Cと気温の変化はほとんどありません。その代わり乾季と雨季で降水量が違うので、雨の少ない乾季の時期に行くのがおすすめ❗️

シンガポールへの航空券が安い時期は6月、10月あたりと言われています。他の国と同じく、夏休み、年末年始、ゴールデンウィークあたりを外すとそんなに大きな差はないと思います😊

サプライスで月別の航空券相場を見る

シンガポールの公用語は英語

シンガポールは多民族国家。公用語は英語、中国語、マレー語、タミール語の4つ。ほとんどの人が英語が話せるので、会話は英語で問題ありません❗️

英語が喋れないけど積極的にコミュニケーションを取りたい方はAI翻訳機のポケトークなどを持って行くのもおすすめ。

ポケトークの詳細を見る

シンガポールの通貨・チップ

シンガポール旅行 通貨 チップ

シンガポールで使われている通貨はシンガポールドル(S$)

2020年1月現在のレートは、1S$ = 80.87 円です。
値段を考えるときは、米ドルよりちょっと安い感覚で計算すると良さそう。

シンガポールではチップは基本的に不要。ホテルやレストランでは10%のサービス料が請求額に含まれています。日本人にとってありがたい😂

シンガポールの飲料水・トイレ事情

シンガポールの水道水は飲めます。日本と同程度の衛生レベルで、日本と同じ軟水です。

シンガポールのトイレでは紙を流せます
ただし、公衆トイレは少ないので、ホテルやショッピングセンターのトイレを利用するのがおすすめ。

シンガポールの移動・交通系ICカード

シンガポール 交通系ICカード

シンガポール観光の主要な足となるのが地下鉄(MRT)です。チャンギ空港にも直結していて、市内までの所要時間も約30分と非常に便利。

交通系ICカードが普及していて、地下鉄だけでなくバスやセントーサエキスプレス(モノレール)、タクシー(一部)でも使えます。シンガポール観光するなら交通系ICカードは作るべきです❗️

Klookでチケット詳細を見る

シンガポールでのタクシーの利用には配車アプリのGrabも使用できます。クレジットカードを登録しておくと、その場での支払いが不要なので便利です。

シンガポールのキャッシュレス事情

シンガポール キャッシュレス クレジットカード

シンガポールは現在キャッシュレス化が急加速中。アリペイなど中国系のQR決済も普及しているが、それよりもクレジットカードのコンタクトレス決済が普及しているのが特徴。

APPLE PAYなどでクレジット決済できるので、シンガポール旅行中は現金いらずとも。

地下鉄の支払いもSimply Goというサービスでクレジット払いが出来るそう。これに対応しているのが、マスターカードとVISAのみらしいので、シンガポール旅行にはこの2枚のクレカは必須です😊

楽天カードの詳細を見る

シンガポール チャンギ空港 ラウンジ アンバサダー ターミナル2空港ラウンジを使うならプライオリティパスがおすすめ!空港の待ち時間をリッチな気分で過ごそう!

シンガポールの免税手続き

シンガポールでは物品を購入すると一律7%の消費税がかかります。

旅行者であれば「Tax Free Shopping」のマークがあるお店でS$100以上の買い物をした場合、払い戻し手続きが可能です。

  1. 会計時にパスポートを提示、免税書類とレシートを受け取る
  2. 空港の電子認証システム(eTRS)、税関カウンターで購入日から2ヶ月以内に手続きする

春節(旧正月)はほとんどの店が閉まる

春節の時はほとんどのお店が閉まるので、旅行のタイミングには不向きです。

春節ならではの街の装飾や文化を味わいたい方以外は避けるのが無難です。

シンガポール旅行で知っておくべき注意事項

シンガポールは多民族国家ならではの気をつけるべきマナーや、先進的な国だからこその厳しいルールもあります。

シンガポールの持ち込み禁止品

  • チューインガムの持ち込み禁止(最高S$1万)
  • 電子タバコの持ち込み禁止

紙のタバコを持ち込む場合には、税関での申請と税金が必要です。

シンガポールの注意すべきマナー

シンガポール旅行 注意 ポイ捨て 罰金
  • 道でのポイ捨て禁止(初犯 最高S$1,000)
  • 地下鉄での飲食禁止(最高 S$500)
  • 横断歩道以外での横断(初犯 最高S$1,000)
  • タバコは公共施設で全面禁止(最高S$1,000)
  • モスクやヒンドゥー教の寺院では露出が多い服装は厳禁

シンガポールでは公共交通機関での飲食が禁止されています。ペットボトルの飲み物やキャンディーも対象なので注意しましょう。

医療費が高額

海外旅行保険 qa

シンガポールは医療費が日本に比べて高額です。ちょっとしたトラブルで思わぬ請求をされないよう海外旅行保険への加入が無難です。

北米ほどは高額ではないので、私はいつも使っている楽天プレミアムカード付帯の海外旅行保険で足りるかなと思っています。

楽天プレミアムカードの詳細はこちら

海外旅行保険 qa【出発1ヶ月前】海外旅行保険は必要?おすすめの保険の選び方

まとめ

シンガポールは先進的で衛生的なので、初めてでも旅行しやすい国です。

ただし、マナーや違反に厳しく、多民族国家ならではのナイーブな面もあるので、ある程度気をつけながら旅行しましょう。

特に上で紹介した罰金対象になるような違反は要注意ですね😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。