【ワットパクナムへの行き方】緑のクリスタル仏塔があるバンコクのフォトジェニックな寺院

ワットパクナム

バンコク随一のフォトジェニックスポットワットパクナム寺院へ行ってきました💁‍♀️市内から少し離れたところにあるのでアクセスがちょっと不便です。

この記事ではMRTを使ったワットパクナムへの行き方・車で連れて行ってもらえるおすすめツアーについてご紹介したいと思います。

Sayaka
Sayaka

海外好きネイリストのSayakaです。初めての方はこちらからお読み下さい😊

ワットパクナム寺院とは

ワットパクナム

ワットパクナムはアユタヤ王朝の時代に建立された歴史と由緒ある寺院。

珍しいエメラルド色の仏舎利殿と、その周りに描かれた美しい壁画によって、まるで宇宙空間にいるような幻想的な空間が広まっています。

地元の人たちが日常的に訪れる祈りの場ですが、最近はそのフォトジェニックさから観光客の参拝者も増えています。

ワットパクナムの拝観時間・休みは?

ワットパクナムの拝観時間は8:00〜18:00です。

決まった休みはなく、土日や祝日はタイの地元の人たちで賑わいます。

ワットパクナムの料金は?

ワットパクナム寺院への入場料、仏舎利殿の拝観料共に無料です。

ワットパクナム参拝の所要時間は?

緑のクリスタル仏舎利殿があるのはワットパクナムの5階です。

ワットパクナム 地図

仏舎利殿の拝観だけなら15〜30分もあれば十分だと思います。

ワットパクナムの他の階には博物館のように展示物が置いてあるので、そう行ったものも観るなら1時間ぐらいかかると思います。

ワットパクナムの服装

ワットパクナムでは特に厳しい服装チェックなどがあるわけではありません。

むしろ、入場してから建物に入るまでほとんど係員を見なかったので、本当に入って大丈夫?と心配になったほどです😅

とはいえ仏教寺院なので、ノースリーブやショートパンツなどの「肌を露出しすぎる格好」ぐらいのマナーは守った方がいいと思います。

履物に関しても特に注意はありませんでしたが、1階の外で靴を脱ぐ必要があるので、盗難リスクを避けたい方は袋を持っていくのがいいと思います。

ワットパクナム 入り口 1階

ワットパクナム参拝の注意事項

上で紹介したワットパクナムの建物案内図と一緒に注意事項も載ってありました。

ワットパクナム参拝の注意事項
  • 飛ばない
  • ダンスしない
  • ヨガしない
  • ハグやキスをしない
  • 禁煙
  • 壁画を触らない

私達が行った時も、日本の大学生らしき2人組が全身タイツに着替えて動画撮影していて嫌でした😂

ワットパクナムへの行き方・アクセス

ワットパクナム 行き方 アクセス

ワットパクナムへの行き方、アクセス方法をご紹介します。

MRT+徒歩での行き方

ワットパクナムの最寄駅はMRTバーンパイ(Bang Phai)駅です。

MRTのスクンビット駅からバーンパイ駅までは、所要時間約24分、料金42バーツ(約152円)で行くことができます。

MRTバーンパイ(Bang Phai)駅からワットパクナムまでは道のりで900m。

徒歩で10分ほどなので、ギリギリ徒歩圏内です。

BTS+テンソウでの行き方

BTSを使って行く場合は、最寄駅から徒歩で行くのは難しいです。最寄駅は2つあり、それぞれ

  • BTSウタカート駅から約1.5km
  • BTSタラートプルー駅から約2km

離れています。

どちらからもタクシーを使って行くことができますが、タラートプルー駅からはテンソウと呼ばれる乗り合いバスが出ています。

テンソウはタラートプルー駅の2番出口の階段を下りたところ(エレベーターの辺り)から乗車可能。

約10分おきに出ていて料金は7バーツ(約25円)とお手頃です。

歩きたくなくて、安く行きたい場合におすすめの方法です。

ワットパクナム寺院のおすすめツアー

ワットパクナム ツアー おすすめ
by KKday

ワットパクナムの周辺には他に観光地がなく、所要時間15〜30分のためにわざわざ移動するのもと思ってしまうかたも多いと思います。

そのため、ピンクガネーシャなど他のアクセスが難しい観光スポットと一緒にツアーで巡るのがおすすめです。

私のおすすめツアー

私達はカーチャーターでナコンパトムに行った日の帰りにワットパクナムに寄ってもらいました。

ナコンパトム レッドロータス ツアーレッドロータス水上マーケットへのアクセス・おすすめプラン(ドラゴン寺院・火山エビ経由)